乳酸菌革命はなぜ口コミ評価が高いのか

数多くの乳酸菌サプリメントが発売されていますが、その中でも乳酸菌革命は屈指の口コミ高評価を得ています。
その秘密はどこにあるのでしょうか。

 

乳酸菌の種類

乳酸菌革命のすごいところはなんといっても配合されている乳酸菌の種類です。
ラクトバチルスアシドフィルスやラクトバチルスブルガリクスなど6種のラクトバチルス乳酸菌に加え、3大乳酸菌と言われるビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌が配合されています。

 

 

一般的な乳酸菌サプリメントにおいて、これだけの種類を配合し、なおかつそれぞれの働きが活かされたまま精製されるというのは技術的に困難とされていたのですが、乳酸菌革命では見事実現されています。

 

その働きというのは、ビフィズス菌は殺菌性が強いので腸内で有害菌の繁殖を阻止し腸内環境を整えます。
そしてラブレ菌は独自でも悪玉菌の増加を阻止する働きがある上にビフィズス菌の増殖を高める働きもあるのでビフィズス菌の働きをより一層高めます。

 

ガセリ菌は日本古来の乳酸菌で日本人の体質にとてもマッチしています。
生命力が強く、ビフィズス菌と共に有害菌の繁殖を阻止します。

 

カプセル

このように乳酸菌の相乗効果を生み出し、従来の乳酸菌サプリよりも効果的に腸内環境を整える乳酸菌革命にはもう一つの秘密があります。
それは、乳酸菌を包むカプセルです。

 

 

一般的に口から摂取された多くの乳酸菌は腸に届く前に胃酸や胆汁によって死滅してしまうため、生きて腸に届くことができません。

 

しかし、乳酸菌革命のカプセルは胃酸や胆汁などの酸やアルカリに強い成分でできているため、経口摂取であっても乳酸菌たちは生きて腸まで届くことができるのです。

 

カプセルなので無味無臭で飲みやすく、その点も毎日続けるサプリメントとしては大切な点です。
どんなに体に良くても不味くて飲みづらいと口コミ評価は下がってしまうのです。

 

参考サイト:【実体験】乳酸菌革命で便秘が改善した私の口コミを詳しく紹介します

乳酸菌が腸でする働きとは

乳酸菌革命はこのような高い技術と工夫によって、多くの乳酸菌が生きて腸に届くことができるということがわかりました。
では、乳酸菌は腸でどのような働きをするのでしょうか。

 

腸に届いた乳酸菌は、腸内にいる悪玉菌と呼ばれる有害菌を撃退します。

 

腸内には細菌が数多く存在するのですが、善玉菌と悪玉菌に分かれます。その名の通り、体に良い細菌と悪い最近で、悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、有害物質が腸内に増えます。それにより、腸の働きが悪くなり、便秘や下痢を引き起こします。

 

また、腸にたまった有害物質は体内へと運ばれ肌荒れをも引き起こします。便秘になると肌荒れするというのはこのためです。
また、腸内環境の悪化は体の免疫力を低下させるため、風邪をひきやすくなったり、病気をしやすくなります。

 

このように悪玉菌が腸内に増えると体は様々な不調が表れてしまうのですが、そうならないために腸内善玉菌を増やす必要があり、その手助けをするのが乳酸菌革命なのです。

 

乳酸菌革命は口コミ通り無味無臭で飲みやすく、毎日ヨーグルト食べるよりも手軽に摂取できます。ただし注意が必要なのは即効性を求めないことです。

 

私は飲み始めてから3週間ほどで肌質の変化を感じました。多くの口コミでも1カ月ほどで効果を感じたという意見が多く、飲み続けることで腸内環境に変化を起こすものなのです。

 

また、口コミではアトピーが改善したという意見も見られます。
実は乳酸菌にはアレルギーに対して効果があるのではないかと今研究がされています。

 

花粉症予防にヨーグルトが良いなどということを聞いたことがある人は多いと思いますが、今まさに乳酸菌とアレルギーとの関係性が研究されており、有効なのではないかと考えられています。

 

乳酸菌革命は飲んだ翌日に便秘が治るというものではありませんが、継続することで効果の出るサプリです。